薪ストーブ屋.com 長野県飯田市の暖炉・薪ストーブ販売-中部フォレスト

TOP > ストーブ屋ドットコムについて > ストーブ屋ドットコムの紹介

ストーブ屋ドットコムの紹介

創業昭和27年。
四季折々の自然が美しい南信州(長野県南部)で木に関わって60年あまり。
「ストーブ屋ドットコム」中部フォレストは、森林資源を有効活用する薪ストーブの販売や施工のほか、電力供給の一翼を担う送電線保守工事、配電線保安伐採、支障木伐採、森林整備などを通じて環境再生に貢献する、環境と自然をテーマに技術力とチームワークを発揮し続けます。

会社名

中部フォレスト株式会社ストーブ屋ドットコム

業務内容

薪ストーブ輸入薪ストーブの販売
輸入薪ストーブの設置工事
輸入薪ストーブのメンテナンス
送電保守工事
配電線保安伐採
支障木伐採
森林整備・除草
水槽の点検、管理、清掃

所在地

ストーブ屋ドットコムの庭〒395-0153
飯田市上殿岡361番地
TEL.0265-25-6121
FAX.0265-25-4849
mail:murasawa@stoveya.com

アクセス地図

飯田インターからアップルロードへ、上殿岡交差点信号機を右折し運動公園通り沿いから右折すると看板が目印です。


大きな地図で見る

pageup

経営理念

「より安全に、より確実に、より誠実に」
  1. お客様の満足。
    私達は安全と品質と工期を守ります。
  2. 会社の発展。
    私達は技術力とチームワークで健全な経営を目指します。
  3. 社員の幸福。
    私達は仕事を通して精神の豊かさと生活の豊かさを目指します

代表取締役 村澤英彦

pageup

沿革

1952年(昭和27年)
村澤木毛として創業。
りんご、桃、梨等の果樹の梱包用材料を製造。

1965年(昭和40年)
製材部を開設。工業用製材、梱包用製材へと生産を増やす。

1984年(昭和59年)
中部電力㈱の送電保守工事等の受注を開始。伐採、除草、巡視路工事業務等を行う。

2000年(平成12年)
社長交代、現社長 村澤 英彦が就任。

2002年(平成14年)
伐採木を活かし、薪ストーブ事業を開始。秋、ショールームオープン。
現在、輸入薪ストーブの設計・施工、送電・配電保守工事、支障木伐採、森林整備等を行っている。

2017年(平成29年)
村澤産業(有)より中部フォレスト(株)に社名変更

pageup

薪ストーブの魅力~ストーブ屋ドットコム~の社長はこんな人間です。
社長写真

名前:村澤 英彦
趣味:スキー・ゴルフ(歴は長いが、うまくない)・健康大好きオタク
座右の銘:一期一会
好きな言葉:誠実
モットー:いざ、鎌倉

社長メッセージ

『村澤英彦社長』の薪ストーブへの『思い』をここで、紹介します。

薪ストーブへの『思い』

木枯らし吹く中、我が家に帰ると薪ストーブの赤い炎と『パチッパチッ』とはじける音が迎えてくれる。

不思議だ。
ゆらゆらと揺らぐ炎を見ているだけでも"ほっとする"。

幸せな雰囲気に包まれる。

現代の『IT化時代、スピードの時代』だからこそ『本物の炎』を見ると自然と心が癒されてくる。

薪作りに手間ひまをかけ、ゆっくりと燃やす、その『ゆったり』とした空間がここにある。

時を楽しみ、炎を楽しむ、それがまさに薪ストーブの楽しみであります。

そこには身も心も温めてくれる『やさしさと安らぎ』がある。家族の団欒が生まれる。

森の恵みの薪は、シンプルでサステーナブルなエネルギーです。

家で癒される・・・『ホームリゾート』
毎日癒される・・・『エブリディリゾート』

手間を楽しみ自然を感じながら暮らす、そんな味わいのある暮らしを私たちと一緒に創りませんか?

pageup

ストーブ屋ドットコム(SOTVEYA.COM)

薪ストーブ施工エリア
長野県、愛知県、岐阜県、静岡県(一部)
飯田市、下伊那郡、松川町、高森町、下條村、阿智村、平谷村、根羽村、売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、上伊那郡、中川村、駒ヶ根市、伊那市、飯島町、名古屋、松本、蓼科、木曽、多治見、浜松、新城、豊橋方面ほか